虫歯 歯周病 歯ブラシ

虫歯・歯周病予防には普通の歯ブラシと電動歯ブラシどっちがいいの?

 

歯医者さんへ虫歯治療に通ったら、オーラルケアとして電動歯ブラシの使用を勧められた

 

そんな経験がある方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

口臭、虫歯、歯周病…口内の環境を清潔に保つオーラルケアが関心を高めるようになった現在、一番の方法である歯みがきにも様々な手段が提唱されています。

 

洗口液や歯磨き粉にも多くの種類が発売されていますし、特に虫歯・歯周病予防に効果のあるものであったり、ホワイトニングに特化したものであったりと様々。

 

 

 

そして歯みがきの道具である歯ブラシにも多くの種類が出ています。

 

大きく分けてしまえば普通の歯ブラシと電動歯ブラシの2種類になりますが、オーラルケアに対してどちらを使用するのがいいのでしょうか?

 

それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

 

 

普通の歯ブラシと電動歯ブラシのメリット、デメリット!

普通の歯ブラシ
  • メリット

比較的値段が手頃で、種類も多い。
昔から使っているので精神的な抵抗も少ない。

  • デメリット

使用者の手癖が現れやすく、決まった部分に磨き残しができやすい。

 

電動歯ブラシ
  • メリット

普通の歯ブラシと比べると磨き残しを格段に防ぐことができる。

  • デメリット

普通の歯ブラシに比べるとやや値段が高い。
機械というイメージがあり、メンテナンスなどの手間がかかる。

 

最近では電動歯ブラシの種類も増え、値段もかなり手頃なものも増えてきました。

 

また、お手入れに関してもそこまで神経質になる必要もなく、普通の歯ブラシと同じ感覚で使用することができるものもたくさんあります。

 

 

何より電動歯ブラシのメリットはオーラルケアで一番大切な磨き残しを減らせるという部分。

 

 

毎日しっかり歯みがきをしているつもりなのに、気が付くと虫歯になってしまう…

 

なんて人もいらっしゃると思いますし、その場合は磨き残しがあることがほとんど。

 

そんな人は歯磨き粉を変えてみたり、思い切って電動歯ブラシを使ってみるのもお勧めです。